格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

格安SIMと海外プリペイドSIMの情報

現在の日本では、携帯電話の普及率が非常に高くなっており、若い世代から歳を重ねた世代まで、様々な世代で携帯電話を持っている人が非常に増えています。

海外旅行に、SIMフリースマホと現地SIM

携帯電話は私たちの暮らしの中でなくてはならない存在になりつつありますから、旅行に行く時にも、必ず携帯電話を持っていくという人が多いかと思います。ですが、日本で契約をしている携帯電話を海外に持っていくと、通信料が非常に高くなってしまい、数日間の滞在だけでも、携帯電話代が驚くほど高くなってしまったという人は非常に多いとされています。

日本で契約をした携帯電話を海外で使用すると、回線が違うため、通話料金だけではなく、パケット代も非常に高くなってしまうとされています。

海外で使用する携帯電話の料金を抑えるために有効な手段となるのが、海外SIMカードです。日本で一般的にSIMカードとして売られている物は、日本の回線を利用しているタイプの物ですから、海外旅行に行くためには、海外専用のSIMカードを購入する必要があります。

海外であれば、どこでも使用可能となるSIMカードもあれば、決まった国でのみ使用することができるSIMカードもありますし、その場でチャージしながら使用するようなタイプもあれば、後からクレジットカード払いとなるような物もあります。

海外でできるだけ携帯電話の料金を抑えたい場合には、SIMフリー端末と呼ばれる、どこのSIMカードでも利用することができる端末が必要となります。SIMフリー端末さえ用意してあれば、日本で、海外専用となるSIMカードを購入することもできますし、現地に出向いてから、SIMカードだけを購入することも可能です。どこの国に行くかにもよりますが、自動販売機で簡単に購入することができるようなSIMカードもあれば、コンビニなどで購入することができるような物もあります。海外SIMカードは非常に簡単に購入することができ、非常に安い価格となっていますから、海外に行くときには活用してみましょう。

注目高まる格安SIM・格安スマホ

日本でも、最近では、MVNOの提供する格安SIM・格安スマホに、非常に注目が集まっています。
携帯代を節約したい!安くしたい!という方は、海外SIMよりも身近な、格安SIMに乗り換えることから初めてみてはいかがでしょうか?

3大キャリアで契約している場合、通話し放題プランとデータパックが必須となりますが、合わせて6,500円程度。
さらに、割賦契約で端末購入した場合の分割代金も合わせると8,000円程度となります。

しかし、格安SIM・格安スマホに乗り換えた場合、大体2,000円~3,000円程度。
端末の分割代金を合わせても、3,500円~4,000円程度で済むのではないでしょうか。

ただし、MVNOによって、通信速度はかなり開きがありますので、各MVNOの通信速度を比較しながら、選択すると良いでしょう。

MVNO別に、速度測定を行い、実効速度の比較をしているサイトがありますので、そういったサイトを参考にすると失敗しない選択ができると思われます。

参考リンク:格安SIM比較