格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

海外現地SIMの利用方法と初期設定・SIMサイズ

   

現地SIMの設定方法・アクティベーション方法

基本的に、海外SIMカードの利用方法としては、SIMカードをSIMフリー端末に差し込むだけとなります。
これは、お国柄が出るのですが、初期設定不要なものやSMSでアクティベーションするもの、電話の自動音声でアクティベーションするもの、様々なものがあります。

これは、SIMパッケージに手順が記載されていますし、専門知識がいるような作業でもないですし、オペレーターと会話する必要があるような作業ではありません。
SIMパッケージ記載の手順を踏んで頂ければ、問題ないと思います。
また、現地の店頭で購入する場合は、お店の方が初期設定をしてくれる場合もあります。

しかし、どちらにしても、海外SIMカードを利用するためには、
SIMフリー端末がなければ、SIMカードを認識できませんから、SIMフリー端末が必要となりますので、これは事前に準備しておきましょう。当然、現地でスマホを調達しても構いません。

SIMサイズと主流のマルチカットSIM

また、お持ちの端末が対応しているSIMサイズにも種類があります。
海外の現地SIMの多くは、SIM3サイズ対応(マルチサイズ・マルチカットSIM)となっていることが大半なので、気にしなくてもいいといえば、気にしなくてもよいのですが、事前に知識として学習しておくと安心ですので、ご紹介しておきます。

SIMカードの種類としては、標準的なSIMカードと、マイクロSIMと呼ばれる物や、ナノSIMと呼ばれる物の3種類のSIMカードがあります。SIMフリー端末によって、差し込むことができるSIMカードの3種類があり、全てのSIMカードの大きさには違いがありますから、SIMカードの大きさを調べた上で海外SIMカードの購入をする必要があります。
当然、マルチサイズ対応(マルチカット)SIMであれば、端末のSIMサイズを気にする必要はありません。

海外の通信会社へ出向くと、大きさに合わないSIMカードを購入してしまった場合、その場でスタッフがカットし、大きさを合わせてくれるような場合もありますが、大きさの合わないSIMカードを差し込むことで、SIMフリー端末が、SIMカードを正常に認識しなくなってしまう可能性が0ではありませんから、サイズを確認した上で、SIMカードを購入することが大切です。

現在、他のキャリアと契約をしている場合でも、違うSIMカードを差し込むことで、新たな携帯会社と契約をする事が可能となりますから、1台の携帯電話で、SIMカードを複数枚保有することも可能となりますが、SIMカードによって、携帯電話の番号が違いますから、他のSIMカードを差し込んでいる時には、1つの電話番号しか使えませんので、注意しましょう。

 - 海外SIM・現地SIM , , , , ,