格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

現地SIMが使えるスマホについて。デュアルSIM・周波数帯・APNのお話

   

海外SIMが使えるSIMフリー端末

海外SIMカードを使用することができる端末としては、SIMフリー端末と呼ばれる端末です。

SIMフリー端末とは、どのSIMカードでも認識・通信可能となる携帯電話のことで、SIMロックされている携帯電話の場合には、他のSIMカードを差し込んでも認識してくれません。

SIMフリー端末を持っていれば、新たなSIMカードを差し込み、携帯電話で、簡単な操作をする事で、使用を開始することが出来ます。
1台の携帯で、SIMカードを複数枚保有することも可能となりますが、SIMカードにより電話番号が違いますから、SIMカードによって、受ける事ができる電話番号に違いが出てしまいますから、携帯番号を固定したい場合には、2台持ちがお勧めです。

デュアルSIM対応のSIMフリースマホも

最近のSIMフリー端末には、デュアルSIM対応のものも出てきています。
通常のスマホの場合、SIMスロットが一つしかありませんので、複数枚のSIMカードを使う場合、いちいち電源を落として、SIMカードを差し替える必要があります。

デュアルSIM対応端末の場合、SIMスロットが2つ装備されていて、端末の操作で使用するSIMを切り替えることができるようになっています。
つまり、スロット1に国内用のSIM、スロット2に海外用のSIMであったり、
スロット1にメインのSIMカード、スロット2にデータ使い放題SIMなど、簡単に使い分けが出来るようになっています。

SIMフリー端末の対応周波数

最近主流となっているLTE通信ですが、SIMフリー端末の中には、周波数が異なる携帯電話があります。周波数が違うと、そのキャリアの電波を掴むことができませんから、その点も踏まえ、SIMフリー端末を選ぶようにしましょう。

基本的に、SIMフリースマホとして販売されているものや、
Xperiaなどのグローバルモデルであれば、かなり多くの周波数帯に対応しています。
iPhoneも同様に、ハードウェアは、ほぼ世界共通の仕様となっていますので、docomo版iPhoneであっても、AU版iPhoneであっても、対応周波数帯は、非常に多いです。

Xperiaなどの場合、国内モデルとグローバルモデルは別物に近いですが、
iPhoneの国内モデルは、SIMロックの掛かったグローバルモデルといった感じです。

グローバルモデルと国内モデルの対応周波数

日本向けに製造されている、docomo版Xperia・AU版Xperia・Softbank版Xperiaなどは、おサイフケータイ・ワンセグなど、ガラパゴス機能を搭載し、日本マーケット向けに製造されているものですので、対応周波数も日本向けにローカライズされています。
つまり、SIMロック解除したところで、海外使用における汎用性は、Xperiaのグローバルモデルには敵いません。

逆に、Xperiaのグローバルモデルは、日本で多く利用されているプラチナバンドに対応していなかったり、一長一短ではあります。

そこで、やはり強いのが、SIMフリースマホ。iPhoneやXperiaなどの高級機種と比較して、低価格でありながらも、日本市場を含めた世界販売を念頭に製造されているので、日本のプラチナバンド含め、数多くの周波数帯に対応しているスマホが多いです。

現地SIMを利用する際のAPN設定

海外SIMカードの契約をしたら、APN設定を必ず行わなければいけません。APN設定とは、海外SIMカードを、端末に認識させる作業となります。携帯電話の設定の項目から進み、モバイル通信ネットワークからAPN、ユーザー名、パスワードを入力することで設定は完了となります。SIMカードにはほとんどの場合、マニュアルがついていますから、マニュアル通りに進めれば、難しいことはないのですが、現地の自動販売機でSIMカードを購入した場合には、マニュアルが添付されていない場合もありますから、モバイル通信ネットワークという項目から設定をするという事を忘れないようにすると良いでしょう。

国によっては、SMSでAPN設定をするなど、不思議なものもあります。
日本で販売されている、海外からの旅行者向けのSIMの場合、APN設定のみですぐ使えるようになっています。

そのような簡単な設定のみで使えるものだと嬉しいですね。

 - 海外SIM・現地SIM , , , , ,