格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

海外SIMカードを利用するデメリットについて

   

現地SIMのデメリット

海外SIMカードを利用する場合のデメリットとしては、契約する通信会社が日本国内ではない場合、SIMカードを提供している会社が、信頼できる通信会社であるかどうかがわかりにくいという事です。

コンビニやドラッグストア、自動販売機から簡単に海外SIMカードを購入することができるため、そのSIMカードは、安全性が高い会社が販売しているのか否かわからないまま購入してしまうという人も少なくありません。中には、現地で口座を開設したり、現地でクレジットカードの契約をしなければ使用することができないような海外SIMカードもあるのですが、購入する段階で、わからないまま購入してしまい、結果的に使用することが出来ないという場合もあります。

こういった背景もあって、プリペイドSIMが主流になっているような気がします。

語学が堪能であれば、どのようなタイプのSIMカードであるのか、購入前に確認をする事ができるのですが、海外に不慣れである人が、大きさが同じという事だけで、SIMカードを購入してしまうと、失敗としてしまう事もありますから、注意しましょう。

クレジットカードがないと、契約をする事ができないような場合もありますし、日本に比べると通信速度が極端に遅く感じてしまうような場合もありますが、通信会社によって、異なりますから、SIMカードの選び方には注意しましょう。

日本でプリペイドSIMを買うのが一番安心

最近は、海外のキャリア同士の提携なども多いようで、
100カ国以上で使用できる海外格安SIMなども販売されています。

あんしんトラベルPhone

このSIMの場合、海外でも着信時が無料という珍しいSIMで、
発信よりも着信が多い方には、特に使い勝手の良い海外SIMとなっています。

日本人には馴染みの無いシステムですが、海外の現地キャリアを使う場合、発信した側・着信した側のどちらにも課金されるのが一般的なしくみです。
国際ローミングの場合でも、海外で使用する場合、日本からの着信を受話しただけだとしても、通話料が掛かるのが痛いところ。

 - 海外SIM・現地SIM , ,