格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

日本で使用するSIMカードと海外SIMカードの違い

   

日本で購入するようなタイプのSIMカードは、海外SIMカードとは、別の物となります。

日本の回線を使用しているSIMカードを購入しても、海外では使用することが出来ない場合が多くなっていますから、海外で使用するSIMカードを購入する場合には、海外SIMカードを準備しなければいけません。

端末は同じ端末でもSIMフリー端末であれば、日本でのSIMカードも、海外SIMカードも使用可能となりますが、SIMカードは、新たに契約をし直さなければいけませんから、注意しましょう。

SIMカードを差し込み、APN設定を行わなければいけない事はどちらのSIMカードでも変わりはありません。日本でSIMカードを購入する場合には、通話機能がついているかどうかを選ぶことが出来ますが、海外でSIMカードを購入する場合には、基本的には、通話も通信も両方できるようなタイプとなっており、SIMカードを購入することで、電話番号が割り振られることになります。

SIMカードは1つの端末で、何枚も保有することが可能となりますし、SIMカードによって、その携帯電話の電話番号を変える事も可能です。ですが、1つの携帯電話では、1つの番号の電話しか受信することができませんから、海外SIMカードを差し込んでいる時には、日本で使用していたSIMカードを差し込んでいないため、日本で使用していた番号にかかってきた電話を受けることはできません。SIMカードの大きさは、3種類ありますが、海外であっても、日本であっても、3種類であることに、変わりはありません。

SIMカードのサイズは、世界規格なんですね。

 - 海外SIM・現地SIM , , , ,