格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

プリペイド式SIMカードとは?メリット・デメリット

   

プリペイドSIMとは?

海外の現地SIMカードには、プリペイド方式と呼ばれるSIMカードがあります。
これが多くの国で主流であり、これから海外旅行に行かれる方は、おそらく、このプリペイド式の現地SIMを使うことになろうかと思います。

一昔前に日本でも普及していたプリペイド型と携帯電話と同じように、SIMカードを購入すると、料金が加算されており、料金分の通話や通信が終ってしまうと、そのSIMカードが使えなくなってしまい、再度チャージをするか、新たなSIMカードを購入しなければいけないというタイプとなります。

プリペイド式 海外SIMのメリット

プリペイド方式を購入するメリットとしては、クレジットカードなどの個人情報を通信会社に伝える必要がありませんし、海外SIMカードを購入したら、すぐに使用可能となりますから、手続きが簡単であるという事です。

プリペイド方式となるSIMカードは、様々な場所で販売されていますから、簡単に購入することやチャージすることが可能となります。プリペイド方式の場合、いくら使ったかがわかりやすいため、海外で、携帯電話を使い過ぎてしまう事を防止することが可能となります。

プリペイドであるが故に、使いすぎや追加支払いなどの心配がいらないというのが、一番大きなメリットであると言えます。
それに付随して、先払いの為、契約書を取り交わす必要もないのがメリットですね。
先日行ってきた、シンガポールでは、タバコ屋さんや個人商店・セブンイレブンなど、街中のそこかしこで、現地SIMが販売されていました。

プリペイド式 海外SIMのデメリット

単身赴任や転勤・結婚などで、海外にしばらく在住される方などは、現地キャリアと契約できるのであれば、契約した方が安いでしょう。
プリペイドの方が一般的な契約よりも、割高に設定されるのが常です。

しかし、海外旅行や短期留学等で、現地キャリアとの契約が難しいような場合には、やはりプリペイドSIMが最善の選択肢となるでしょう。

複数国対応のプリペイドSIMカード

プリペイド方式となる、海外SIMカードは、海外だけではなく、日本でも購入可能です。様々な国で使用することができるようなタイプのSIMカードもあれば、国が特定されているような物もあります。日本語でネットなどで情報収集を行いながら購入することが出来る場合、あまり名が知られていない通信会社であっても、比較的安心して使用することができますし、何かわからない事があれば、販売店に問い合わせをすれば良いため、初めて海外SIMカードを利用する人にとっては安心であると言えるでしょう。

日本で有名な海外SIMとしては、「あんしんトラベルPhone」があります。
海外SIMでありながら、着信時の通話料無料。
日本企業運営のサービスなので、日本宛の国際通話料もかなり安く設定されているのが嬉しい点です。

・あんしんトラベルPhone
http://www.travelsim-japan.com/anshinphone-happy/

 - 海外SIM・現地SIM , , , , ,