格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

海外で携帯電話を2台持ちする

   

最近では海外に出向く時には、携帯電話を2台持ちするという人が非常に多くなっています。

2台持ちをすると、その分費用がかかってしまうようなイメージを持つ人がいるのですが、2台持ちをする方が、携帯電話の費用を安く抑える事が出来るのです。日本で契約をしている携帯電話を海外に持ち込むと、回線が違うため、使用すると、パケット代が高くついてしまいます。容量が設定されている場合には、すぐに一杯になってしまうため、1台持ちの場合には、海外専用パケット使い放題という契約をしてから海外に出向くという人も多いとされています。ですが、携帯電話を2台持ちすることで、使う時には、現地の海外SIMカードを差し込んだ携帯電話を使用することで、現地の回線を利用し、通信を行うことができますから、海外にいても、携帯電話代を安く抑える事ができるのです。日本で使用していた携帯電話を保有して海外に行くことで、電話がかかってきた時には、応対することが可能となりますし、メッセージなどの受信などは、日本で契約をしている携帯電話を使用し、自分から発信や送信をしなければいけない時には、海外用に用意した携帯電話を使用すると良いでしょう。事前に海外SIMカードを購入しており、海外専用の電話番号がわかっている場合には、周囲に、海外に出向いている時用の、電話番号を伝えておくという方法もあります。

SIMフリー端末1台により、日本のSIMカードと海外SIMカードを使い分けるという方法もありますが、海外SIMカードを差し込んでいる間は、日本のSIMカードあてに来た電話を受けたり、メッセージを受信することはできませんから注意しましょう。

 - 海外SIM・現地SIM , ,