格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

格安SIMが安いのはなぜ?

   

格安SIMが安い理由

今まで携帯電話代が1万円近くかかっていた人の場合、3大キャリアとの契約を解約し、格安SIMに変更することで、5千円から7千円近く、携帯電話代を節約することが出来る場合があります。

キャリアと同じ回線を利用しながら、なぜ格安SIMに乗り換えるだけで、携帯電話を安く使用することができるのかと、不思議に思う人も多いかと思います。

MVNOは設備投資がかかっていない

SIMカードを提供している通信会社(MVNO)は、大手3大キャリアから、回線を借り、自分たちの通信会社を介してSIMカードの購入者と契約をします。同じ回線を使用しながら安い契約とする事ができる理由としては、回線自体に設備投資を行い、状態を保持することは大手3大キャリアが行う事になりますから、設備投資などにかかる費用がかからないためです。

ネット販売が中心、店舗をあまり持たない

その他にもネットを中心としてSIMカードを販売していますから、窓口などの対応やアフターサービスの対応が、3大キャリアに比べ充実していない事も安く提供することが出来る理由となります。

店舗数が非常に少なく、都市圏に数店舗ある程度に抑え、人件費・店舗運営費用を極限まで切り詰めています。

口コミで広まりつつあるMVNOと格安SIM

格安SIMを取り扱うMVNOは、宣伝に力を入れていな通信会社が多く、格安SIM自体いまいち良くわからないからと手を出さないという人がまだまだ多いのですが、今後SIMカードの需要は広がっていくことが予想されますし、口コミで徐々に広まりつつあります。

特に、家庭を支える主婦の間では、口コミで格安SIM・格安スマホが急激に浸透しているようです。
従来と何ら変わらない使い心地で、節約に繋がるというのが、キャッチーなようですね。

MVNOのセット端末は、SIMフリー端末のみ

格安SIMを扱うMVNOでセット販売されている、スマホやタブレットはすべてSIMフリーとなっています。
キャリアから、MVNOへの乗り換えの際に、セット端末を一緒に購入しておくと、日本国内でも海外でも使えるので、非常に便利です。

海外SIMカードを利用することで、海外で、お得に携帯電話を使用することができるようになりますから、日本でのSIMカードだけではなく、海外SIMカードの使用も検討することができるので、セット端末の購入も検討しておくと良いでしょう。

また、MVNOの格安SIMから、docomoやAUに乗り換える場合にも、SIMフリースマホなら、そのまま使うことができます。
非常に汎用性が高いのが、SIMフリースマホの特徴ですね。

逆をいうと、SIMロックがいかに厄介であるかということが、理解できます。

 - 海外SIM・現地SIM , , , ,