格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

通信速度を抑えれば、携帯代は安くなる。

   

携帯代の平均額

携帯電話の毎月の使用料の平均としては、1万円を超える額となっています。

携帯電話を保有している人の半数以上が、毎月の支払いが6千円を超えているとされていますから、毎月それだけ多くの通信量を支払っている事がわかるかと思います。

携帯電話は、現代では、保有している人が非常に多く、1人1台持っているという家庭が多いかと思います。家族の人数が多ければ、それだけ携帯電話にかかる毎月の費用もばかになりません。携帯電話代を安く抑えたい場合には、格安SIMの利用を検討しましょう。

キャリアアドレスは使えなくなる

格安SIMであれば、今までの携帯電話の使用量の半額以下の支払いとなりますから、非常にお得です。
3大キャリアで使用することができるようなキャリアメールアドレスは使用することはできませんが、今までよりも、多くの通信量を利用することができるのにも関わらず、安い価格での契約となりますから、家族が多い人や、携帯電話代を抑えたい人にお勧めです。

SIMフリー端末を日本でも使用していると、日本でも海外でも、お得な価格で携帯電話を使用することができますし、今後SIMカードの普及率が上がってくることが予想されますから、携帯電話にお金を使いたくない人には、格安スマホとして、格安SIMとセット販売されているSIMフリー端末がお勧めとなります。キャリアのように、分割払いの割賦契約も可能です。

キャリアよりも通信速度は劣る

そして、格安SIMのデメリットは、キャリアと同じ回線ですが、通信速度が劣る点です。
もちろん、キャリアの回線網を利用しているので、対応エリアは、キャリアと全く同じになります。

唯一、通信速度が遅いという点だけ、覚悟しておきましょう。
普通に、インターネットをする分には、全く変わりません。

ただし、キャリアと契約していた時には、快適に視聴出来ていた高画質動画などは、ちょくちょく再生が止まってしまうかもしれません。

動画視聴が絶対に欠かせない方には、キャリアがオススメですが、あまり動画を見ない方には、非常にオススメ出来るのが、MVNOの格安SIMです。

動画視聴を犠牲にしても、スマホ代を安くしたいという方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 - 格安SIM , , , , ,