格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

海外SIMカードはプリペイドSIMが主流

   

プリペイド式の現地SIMが主流

海外SIMカードの金額は、購入する国によって相場が異なります。

プリペイド方式により、初めから携帯電話代も含め、海外SIMカードを購入し、使い切ったら新たなSIMカードを購入するという物もあれば、SIMカードだけを購入し、利用した分の料金は、後からクレジットカード払いとして支払うという方法もあります。
基本的には、海外旅行者向けにプリペイド式になっているものが多いのが現状です。

国内で現地SIMを購入する場合

携帯の通話料や通信料を除き、SIMカードのみで販売している場合、日本で購入する場合には、2千円前後で購入可能となりますが、プリペイド方式を選ぶ場合には、自分が希望する携帯電話の使用料金を事前に支払う事になりますから、3千円から5千円程度の物を購入する人が多いとされています。

現地で、SIMカードを購入する場合、料金後払いとなる場合には、数十円程度で購入することができる物が非常に多く、国によっては千円程度である場合もありますが、料金は日本で購入するよりも非常に安い価格で購入することが可能となります。

現地で購入する方が安いが…

日本で海外SIMカードを購入する場合、様々な国に対応しているようなSIMカードが多くなっていますから、できるだけお得に携帯電話を使いたい場合には、現地でその国の回線専用となるSIMカードを購入する方がお得な価格で携帯電話を使用することができます。

基本的に、日本で販売されている海外の現地SIMは、現地で販売されているプリペイドSIMの輸入品が多いので、その分、割高となっているのが現状です。
言語等に問題がなく、現地調達に不安がなければ、現地で買うことをオススメします。
不安な場合には、日本で購入しておくのが良いでしょう。

 - 海外SIM・現地SIM , , , ,