格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

BIGLOBE格安SIMのサービス比較

   

BIGLOBEの格安SIMの料金プランと解約

BIGLOBE LTEを契約すると、どの様なプランや費用がかかるのか解説していきましょう。今お使いのキャリアの月額料金と比べれば、通信費を安くできるのか読んで下さい。では、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

料金プラン

BIGLOBE LTEの月額プランは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの二つの選択肢があります。音声通話ができるSIMとは、070・080・090から始まる電話番号が利用できるものですので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、3GBプラン:900円、6GBプラン:1,450円、12GBプラン:2,700円、20GBプラン:4,500円、30GBプラン:6,750円です。

ベーシックプランというのは、200Kbpsの低速通信のみ使い放題となるプランの1つで、ベーシッププラン以外の通信速度は、262.5MbpsのドコモLTE高速通信を使用するプランとなっています。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

解約制限

解約縛りと解約手数料、これは頭に入れておいてくださいね。データSIMであれば、最低でもこれだけ利用しなければならないという期間が設けられていません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。音声通話SIMに限っては、12ヶ月間は利用しないと解約手数料がかかります。もし、一年間使用せずに解約してしまうと、違約金として8,000円が必要になりますのでご留意ください。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

BIGLOBE SIMの回線スピードについて

BIGLOBE SIMの場合、ドコモの4G回線を利用したサービスとなっています。速度に関しては、何不自由なく使える速度と言えます。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、BIGLOBE SIMならではの大きなメリットの一つといえるでしょう。これからも、MVNOや格安スマホのサービスがますます広がりそうですね。

BIGLOBE SIMの72時間制限

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しておりました。直前の3日間に通信したデータの容量に基づき、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通信速度の制限をしていましたが、3日制限が廃止となりました!要するに、BIGLOBE SIMには、ビデオ通話で長電話したあとでも、72時間制限を憂慮する必要はありませんので、ご安心を!

BIGLOBE LTEの特色まとめ

BIGLOBE SIMは、auやdocomo、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。格安スマホをうたっているだけあり、大手キャリアからMVNOに移行すれば、毎月の利用料金がグーンとお安くなることが期待できるでしょう。毎月900円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。安くできるのは、BIGLOBE LTEが既存のNTTドコモの回線を使用しているからということもありますが、docomoの電話と同じ品質の通話が可能です。エンタメフリーといったサービスがBIGLOBE SIM特有のサービスとなっています。これは、YouTube、radiko.jp、Apple Musicをはじめとした7つのサービスを、通信料を消費することなく使用できるという優れたサービスです!BIGLOBE SIM等、格安スマホへの乗り換えを検討している方の為に。BIGLOBE SIMのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、話題のBIGLOBE SIMについて、ご理解頂けるかと思います。

docomoネットワークを使ったお得なスマホ

BIGLOBE LTEのデータ回線は、ドコモの回線をレンタルして使っています。安定した通話の品質をBIGLOBE LTEはドコモと同じく保ちドコモ回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。docomoのスマホなら、大半の機種が、BIGLOBE LTEでそのまま使えます。BIGLOBE LTEが販売しているスマホを購入しても、そのまま利用することができます。お手持ちのスマートフォンがドコモ端末ならば、SIMの申し込みだけでBIGLOBE LTEをご利用いただけますので、新たにスマホを買いなおす必要はありませんのでお得です。格安サービスでありながらキャリア回線と同一の品質で使用できる。これがBIGLOBE LTEの強みです。

格安スマホの機種がありすぎて困る

BIGLOBE LTE非対応のスマホだった場合、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、BIGLOBE LTEなら他のMVNOと比べて、非常に多くの端末を取り揃えていますので、きっとお好みの1台が見つかることと思います。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。

余ったデータ容量の翌月繰り越しにも対応

プランごとにデータの通信料は異なりますが、その月によっては、使用した容量が少なかったりなどで、余ってしまう月があるのではないでしょうか。ところがBIGLOBE LTEの場合は、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。意外と翌月繰越しに対応していないMVNOも多く、翌月に繰越せるBIGLOBEスマホは魅力的ですね。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

電話料金がおトクになる、BIGLOBE電話

「BIGLOBEでんわ」という通常通話料より半額になるサービスがございます。このサービスはIP電話(インターネット電話)とは違ってプレフィックス型電話サービスといわれるもので、発信者の番号が相手へと通知されます。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。つまり、電話の相手側からすると、いつもどおりの電話と変わりはないのです。IP電話のほとんどは、発信者番号が通知されなかったり、050の番号が相手に表示されるので、正直、かなり使いづらいです。BIGLOBEでんわの使い勝手の良さがお分かり頂けたのではないでしょうか。つい最近ですが、キャリア同様の通話し放題サービスが開始に。

3分電話し放題

携帯会社と言えば思い当たるのがAUやソフトバンクやDOCOMOなどですが、この3つの会社はカケホーダイのサービスがありますが、一般的にMVNOでは、通話し放題のサービスには対応していないのです。「MVNOは使用料が安くてすむというメリットがあるから検討したいけど、電話をかけることが多いから通話料が心配。」という方も、安心の料金プランが発表されました。BIGLOBE LTEに新しいサービス、月額650円で、国内通話であれば、始めの3分間が無料で何度でも通話できるが登場が出ました。3分かけ放題は大手携帯キャリアと同じ一般の電話回線を使用しているため、IP電話などとは違い、BIGLOBEでんわなどと仕様は変わらず発信者番号通知にも対応していますので、通常の電話と同様に通話し放題となるのが大きな特徴です。BIGLOBEでんわの利用は1分間で21.6円の通話料がかかるので、月額とで比較した場合、月33分程度通話を利用している方にオススメのです。

無料通話がお得!「通話パック60」の魅力

BIGLOBE SIMには、月額300円の3分かけ放題とは別に、「通話パック60」というサービスオプションがあります。これは月々650円で、1200円分の無料通話ができるという、とてもお得なサービスです。通話において、3分以上は話さない!といった方には、3分かけ放題が断然おすすめですが、時には長電話をしてしまうという人には、通話パック60の方がお得でおすすめのオプションになります!さらに上手に通話オプションを使うと相当お得になります。

到着月は料金が無料

SIMをBIGLOBE SIMにおいて契約した場合、初めの1ヶ間、月額料金がかかりません。無料になる最初の一か月とはSIMカード届いた日の月のことです。SIMカードやスマートフォンを受け取る日によっては、まるまる1ヶ月間無料で使用できることになります。契約時期は現在利用中のものからの乗り換えや手数料も関わってくるので、単に月初まで待った方がいいとは限らないのです。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

今月開催中のキャンペーン

 - 海外SIM・現地SIM