格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

DMMモバイルのキャンペーン最新情報!

   

DMMモバイル格安SIMって?

DMMモバイルとは、MVNOの中でも人気で注目されており、多くの利用者を抱える動画配信サイト「DMM.com」が運営している格安SIMサービスです。DMMモバイルには、価格の安さが業界ナンバーワンという最大の特徴があります。第一に料金の安さで選択される方には、うってつけのMVNOになります。また、通信においても安心して使用できる速度と安定感を実現し、ユーザーが快適に通信を行えることから高い評価を受けています。早速ですが、DMMモバイルのすべてを網羅したまとめになりますので、お楽しみにどうぞー。

docomoネットワークを使った激安なスマホ

DMMモバイルは格安スマホサービスですが、docomoの回線を使用しています。docomoの回線を利用しているので品質レベルはdocomoと同じで、サービスのエリアも広くカバーしており、つながりにくいといった心配は一切ございません。これまで使用していたdocomoのスマホであれば、DMMモバイルでもそのまま使うことができます。DMMモバイルでもSIMフリーのスマホを扱っていますので購入も可能です。ドコモの端末をそのまま使用して、SIMカードのみを契約するプランもありますので、新たに本体代を支払う必要がなく、経済的に優しいですね。DMMモバイルの通信サービスは、ドコモと同じ高い通信品質・つながりやすさを、低価格で提供しています。

iPhoneも分割可能!

DMMモバイルの大きなメリットの一つとして、iPhoneを分割払いで購入できるという点があります。本来ならMVNOというものは、海外の安物の携帯端末しか扱っておらずiPhoneを購入できるのは、DMMモバイル以外に見たことがありません。その一方、最新のiPhoneまで取り扱っているのがDMMモバイルなので、iPhoneの分割購入を検討されている方にとっては、DMMモバイルを選ぶべきでしょう。MVNOで月額料金を安くし、なおかつiPhoneも購入したいという希望を実現するには、DMMモバイルをぜひお選びください。ですがDMMモバイルではiPhoneは売り切れ必至なので、販売されていれば、早めに申し込むのが良いと思います。

余ったデータ容量の翌月くりこし対応

利用プランによって使える容量は異なりますが、月によってはあまりモバイル通信を使用せず、データ通信料を余らせてしまうということもありえます。DMMモバイルでは、使いきれずに余ったデータ容量を次の月に繰り越すことが可能なのです。月度内に消化できなかったデータ通信量を翌月に繰り越せるサービスが無いMVNOもあり、この翌月繰越は、多くのユーザーがDMMモバイルを選ぶ理由のひとつと言えるでしょう。せっかく格安SIMにしたのにデータ量は無駄になった、なんてことにはDMMモバイルならしませんよ!

即日MNPもできる!

DMMモバイルを利用するメリットは様々ありますが、即日MNPに対応できるのも大きなメリットの一つです。DMMモバイルで採用しているのはMNP届け出方式で、ネット上でかんたんな手続きをすることにより、不通期間なしでMNPが可能となっております。今まで、即日MNPをする場合はわざわざ店頭まで行かなければなりませんでしたが、今では、自宅の外にいても在宅したままでもMNP切り替えは即日でできるのです。仕事などの都合で、電話の不通期間を設ける事ができず、踏み切ることができなかったという方でも、安心して乗り換えていただくことができるサービスになっております。SIMカードを入手してからすることは、DMMモバイルの会員向けページで回線切替用のボタンを押すことだけです。SIMカードを入れ替えて、ボタンを押すだけの簡単MNPなら格安スマホに乗り換えが簡単ですね。

DMMモバイルを契約すれば、DMMポイントが毎月もらえる

DMMモバイルの新規申し込みをすると契約期間中ずっと、月々の請求額の10%のポイントがプレゼントされる、お財布に嬉しいキャンペーンが開催中です。月々の基本料だけでなく通話料やSMS送信料なども対象なので、DMM.comで動画を利用する人にとっては、お得度の高いキャンペーンなのです。実際のところ、モバイル業界の格安料金の先頭を引っ張るDMMモバイルですから、それらに加えて料金の10%が還ってくるので、コストパフォーマンスを考えると最もお得なMVNOと言えそうです。スマホ代を節約したいと思っている方は、DMMモバイルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

バースト機能で、低速通信時も快適

DMMモバイルには、バースト機能というものがあります。ただ「バースト機能」といっても何のことだか?ということもありますので少しだけ説明します。バースト機能とは、ユーザーが低速通信を行っているときに、始めの1,2秒程度だけ高速通信に切り替え、ページが表示されるまでの期間をぐっと短縮できる機能です。このおかげで、低速通信になっても表示されるのが高速になるので、コンテンツ表示の遅れが体感的に目立たなくなって、ネットでの情報収集がしやすくなると、 バーストは人気の機能です。しかし、この機能はDMMモバイルとIIJmioでしか扱っていません。

DMMモバイル月額プラン

DMMモバイルの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、携帯料金がどれぐらい節約出来るか楽しみながら、注視してみるといいでしょう。どれだけ安いのか、月額料金と初期費用をチェックしてみましょう。

DMMmobileの月額プラン

DMMモバイルの料金プランに関しては、格安SIMには、データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの2種類があり、料金プランも異なります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、元々のキャリアのスマートフォンと同じように使いたい時は、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,380円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,910円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,680円、10GBプラン:2,890円、15GBプラン:3,980円、20GBプラン:4,680円:す。

データ専用SIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで480円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで1,980円、10GBプランで2,190円、15GBプランで3,280円、20GBプランで3,980円となっています。

DMMモバイルの解約手数料

DMMモバイルの解約制限と違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。DMMモバイルの場合、データSIMに関しては、最低利用期間の決まりはありません。解約したいと思った時点で、違約金なくすぐに解約できます。音声通話用SIMをお使いの場合は、さすがにそういうわけにもいかず、少なくとも12ヶ月間は契約を続けることが前提になっています。仮に、12ヶ月以内に契約を解除するのであれば、手数料が9,000円かかるので要注意です。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヶ月以上経てばいつ解約しても良いので、安心です。

DMMmobileの速度

たくさんあるMVNOのうち、DMMモバイルは、ドコモの262.5mbpsのLTE回線を利用していることです。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。通信速度の安定性が高いようなので、実際に利用しているユーザーの口コミなどにおいては、肯定的な意見が多く見受けられました。お値段が安くて、しかも実行速度も速い。そんな格安スマホをお探しの方には、そんな方に最適なMVNOがDMMモバイルと言えるでしょう。

DMMモバイルの帯域制限について

DMMモバイルでは、直近3日間に低速通信をしている利用している場合、その通信量に伴って速度制限の対象となることがあります。しかし、高速通信を利用していれば、3日間の速度制限の対象からは外れますので心配はありません。利用者全てが平等に使えるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、あらかじめ定められた容量を超えて通信をした利用者に対しては、通信速度制限が行われます。ここ3日間でのデータ使用量が一定の値を下回れば、通信制限は解除されます。特別な使い方をしない限り、超過することは、なかなかないはずです。

DMMモバイル口コミ

DMMモバイルを利用した場合、魅力的な点は、低価格で高速通信が利用出来る点です。月額料金を抑えて安定した通信を求めている方に、プライオリティの高いMVNOとなるでしょう。まわりで使っている人の意見を聞いてみても、その2点が、基本料金の安さと速度の速さが理由になっているようです。

スピードが速いのが魅力

DMMモバイルのレビューにて頻出していることは、通信速度の安定感と実効速度の実態について。格安SIMならではの料金の安さと、それでいて安定性も速度も文句なしということで、DMMモバイルの人気が高まっているようです。また、DMMポイントが10%還元されるという事もあり、速度とコストパフォーマンスを重視するのであれば、十分に条件を満たしている格安スマホであることがわかりますね。安定した高速通信とランニングコストの低さから非常にコストパフォーマンスが高いMVNOとなっています。

間もなく締切の割引キャンペーン

 - 海外SIM・現地SIM