格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

IIJmioをキャンペーンなどを利用してお得に使う方法

   

IIJmio料金と解約について

IIJmioの料金体系や通信速度について説明します。毎月のスマホ代がいくらかかっているかチェックした上で、支払額にどのくらいの差があるのか、確認してみるとよいでしょう。ということで、月額プランを見てみましょう。

IIJmioの月額プラン・初期費用

IIJmioの料金プランに関しては、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。070/080/090から始まる電話番号が使用できるのは、音声通話SIMだけなので、通話機能が必要な携帯電話として使いたいときには、間違っても、データ専用SIMを選択しないようにしてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):1,600円、ライトスタートプラン(5GB):2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB):3,260円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

IIJmioの解約手数料

IIJmioの解約違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。つまり、いつでも解約が出来る上、解約の違約金も発生しません。しかし、みおふぉんは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。最低利用期間が経過する前に通話SIMを解約するのであれば、違約金の9,000円を支払わなければなりません。大手キャリアと違って、契約期間が自動更新されず、13ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

IIJmio口コミまとめ

llJmioを使うメリットとしては、MVNOとしては老舗であるという安心感と、サポートに対する顧客満足度の高さにあります。株式会社イード社が行っている格安SIMアワードにおいて、2015年度の総合満足度で最優秀を授与されたことからも、利用満足度の高さが測れると思います。お客様の立場に立ったサービスを展開しており、格安SIMや格安スマホに馴染みの無い方でも、何の心配もなく利用できる格安スマホだと言えます。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が魅力

IIJmioの口コミや評判を見ていると、安定した高速通信とサポートの手厚さが高評価を獲得している要素のようです。顧客満足度の高さは、格安SIMアワードの調査結果にも表れている通りで、利用者満足度が優良なMVNOの分野で最優秀賞を受賞もしています。このように、どの格安SIMにしようかお考えのユーザーにとって、条件のそろったMVNOの一つです。 今数多くあるMVNOですがその中でもブランド力と信頼性を兼ね備えたMVNOと言えるのではないでしょうか。やはり、利用者からの口コミや評判の良さが物語っているように、格安スマホや格安SIMデビューを検討されている方には、オススメできる格安スマホの一つです。

IIJmioの速度

MVNOと呼ばれる事業者は数多くありますが、なかでもIIJmioは、docomoからLTE回線を借りて、最大262.5Mbpsの高速通信サービスを提供しています。回線速度の速さや対応可能な地域の広さには安心をご提供します。通信速度は高水準で、安定しており、レビューサイトの口コミや評価等においても、おおむね高い評価を得ていますが、納得できるところです。安くて速い。そんな格安スマホをお求めの方には、これだと思わせるのが、IIJmioだと言えるかもしれません。

IIJmioの速度制限について

IIJmioの場合、直近3日間の通信量によって速度制限が掛かるのは、低速通信時だけです。高速通信利用時には、3日制限は関係ありません。すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、データ通信量が多すぎる利用者には、速度制限を適応しています。具体的には、直前の3日間に使ったデータの容量がシステム側にチェックされていまして、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信速度が規制されます。直近3日間のデータ通信量が、規定より下がれば自動的に制限は解除されます。この規定量は一般的な利用であれば、超えることはあまりまりません。

IIJmioのチェックポイント

「みおふぉん」という株式会社インターネットイニシアティブが提供するMVNOサービスである格安のSIMとスマホについてこれから紹介していきます。株式会社インターネットイニシアティブは、格安SIMサービスの先駆者で、格安SIMサービスが始まった時代の利用者でしたら、IIJmioという名前は馴染みのある言葉だと思います。また、IIJmioは単に歴史があるだけではなく、格安SIMアワード2015顧客満足度調査総合部門で最優秀賞を受賞した実力のあるMVNOでもあります。この賞の受賞により、ブランド力はもちろん、サービスや品質において充実しているいうことが言えます。IIJmio?という方の為に、IIJmioの速度や料金プラン等を比較しながら、レビューしていきます!ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomo回線を使ったMVNO

IIJmioはリーズナブルなスマホサービスを提供していますが、そこではdocomoの回線を用いています。ですので、通話の品質には何の問題もありませんし、大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。また、現在docomoのスマホを使用していれば、そのままIIJmioで使用することも可能です。そのため、IIJmioが提供するSIMフリーのスマホをセット購入することも可能なのです。スマホがdocomoのものならば、IIJmioでSIMカードだけ契約すれば直ぐに利用できるので、まだまだ決して安いとはいえないスマホ本体の方には予算を振り向けなくて済むというのは、かなりのお得感があると思います。IIJmioならdocomoの快適な通話環境をそのままに、月額利用料を抑える事ができますね。

バースト機能採用で、快適な低速通信

IIJmioに採用されている通信技術にバースト転送というものがあります。そのバースト機能とは一体どういうものなのか?分かりやすく解説していきます。この機能は、通信速度が低いときに働くもので、初めに1秒ないし3秒ほどの間だけ高速で通信して、より早くページの切り替えを行うというものです。これにより、低速通信においても、表示速度が高速化される為、表示までの待ち時間が短縮されることになり、ネットの使用感がスムーズになるので、かなり画期的な機能といえます。問題点として、この機能は、IIJmioとDMMモバイルのみにしか対応しておりません。

余ったデータ量の翌月くりこし対応

契約したプラン次第でデータ容量が異なりますが、使ったデータの量が少なく、月によってはかなり残ってしまうこともあるかと思います。そういった悩みにもIIJmioであれば、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用する事が可能です。MVNOによっては、データ通信料の繰越しに対応していないものもあるので、これはIIJmioの大きな魅力といっても良いでしょう。データの容量を翌月に繰り越す事が出来れば無駄なく使えますね。

IIJmioならでは!10枚OK!

IIJmioの追加SIMサービス、ファミリーシェアなら、SIMカードの最大枚数が10枚までとなっています。家族10人でIIJmioに乗り換えれば、確実に月々の支払いが安くなると思います。家族全員の携帯代を考慮すると、驚くほどのスマホ代金の節約になります。こんなお得なサービスを使わない手はありません。サポートにも定評のあるIIJmioなら、格安スマホ初心者でも安心して利用出来るでしょう。更に、オプションには有害なサイトなどをブロックしてキッズスマホとしても使える「みまもりパック」もあるので子供にも安心して使えます。

みおふぉんのキャンペーン!

 - 海外SIM・現地SIM