格安SIMと海外現地SIMの解説。活用法と使い方

格安スマホや格安SIMから、海外の現地SIMの使い方まで、もう海外レンタル携帯はいらない!携帯代を安くしたいなら、お見逃しなく。

mineoの開催中のキャンペーンについて

   

mineoの回線スピード

mineoの速度についてご紹介いたします。docomoプラン利用時のXiエリアでの最大値は225Mbpsとなり、AU回線のAプランでも同様225MbpsのLTE回線です。ニュースやWEBサイトにおいてもよく言われている通り、混雑する時間帯では、残念ながらそれは事実で、混雑時はキャリアで契約した回線の方が通信速度が速いです。もし、利用者が多い時間帯でもストレスなく利用したいのであれば、キャリア契約期間をされた方がいいとおもいます。月々の携帯料金が安いので、これらを含めて考えても、格安スマホというのは価格面でも満足面でも良いサービスだと思います。

mineo AU回線プランでの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、規定された容量をオーバーした利用者に対して、データ通信速度を遅くされてしまいます。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。各プランごとの規定容量は規定されていないようで、Aプランは、全プラン共通で直近3日間で3GBが規定値となっています。

mineo docomo回線プランでの3日制限について

mineoのdocomoプランでは、直近3日間は通信量による速度制限はしません。日々のデータ通信量の差が大きい方でしたら、AプランよりもDプランを選択するほうが、いわゆる「3日制限」の心配は不要です。この点を考慮して、ご自身のライフスタイルにあったプランを選択してみて下さい。

ケイ・オプティコムの格安スマホの料金と初期費用

mineoの料金プランや通信速度についてご紹介します。毎月ごとの料金を比較していき、どれだけ携帯料金がお得になるか、比べてみて、お得感を実感して下さい。どれだけ節約できるか、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

mineoの料金と初期費用

mineoの料金プランに関しては、SIMにはデータ通信SIMと音声通話SIMの2種類があります。音声通話付きSIMは、070/080/090ではじまる番号を使うことができるので、今お使いの携帯電話と同じように使用したい時は、データ専用SIMを選択すると使えませんのでご注意ください。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データ専用SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの2年縛りは?

mineoの解約制限と解約手数料について、説明していきます。mineoは契約しているプランに最低利用期間を設定していない特色があるので、解約金を取られることはありません。契約期間や違約金のことを考えずに格安スマホを試すことができるので、最も適しているMVNOと言えます。ただ、MNP転出を1年以内にする場合には手数料が求められ、12,420円が必要です。音声通話に対応したSIMで契約される場合には、注意が必要な点です。

mineo格安SIMのチェックポイント

mineo(マイネオ)はdocomoの回線とauの回線のどちらでも使える格安スマホです。月額料金もかなりリーズナブルに設定されていますので、大手キャリアからの乗り換えであれば、安くなること必須です。月額1,310円とかなりお安い金額で利用できるサービスとして話題になっています。国内では初めてのマルチキャリア格安スマホサービスであるmineo、docomoとAUの回線プランを選択できるので人気です。通話品質やエリアもdocomo・AUと同じですので、安心して使えますね。早速、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomoとAU回線を使った格安スマホサービス

マルチキャリアMVNOとして、docomo回線プランとAU回線プランを用意しています。キャリア同等の音声品質で通話料もできますし、電波のカバー範囲もdocomo、AUと全く同じになります。docomoかauで契約していたスマホならそのまま利用する事が出来るので、新しく端末を買わなくてもいいことです。端末代は結構高いので購入しなくていいというのは経済的にすごく助かります。買い換えたい方はmineoで販売されているSIMフリースマホを購入することもできます。品質の良いキャリアの回線を安く利用する事が出来ますし、docomoにするか、auにするか、お好きな回線を選んで契約することが可能となっています。選ぶ際には、好きな方ということもそうですが月額料金の違いも見比べて検討してみてください。

高品質通話VoLTE専用プランあり

VoLTE対応プランがあることで話題となったのが、mineoです。この聞き慣れないVoLTEというものは、従来の音声通話よりも音質が格段に改善された、たくさんある通話方式のなかでも最先端の技術です。今までは、300Hz~3.4kHzまでの周波数の音声しか拾えていませんでした。しかし、VoLTEでは拾える周波数が50Hz~7kHzまでと、かなり広がったのです。すなわち、今までと異なり、快適な音質での通話が可能ということになったわけです。これはmineoの大きな魅力の一つでもあります。

データ容量繰り越しにも対応

mineoの特徴として、ひと月分のデータ容量を使い切れず余った時に、そのデータも次の月にも繰り越して使うことができ、毎月のデータ使用量にバラつきがある方でも、大きなメリットとして気にせずに利用できるのがポイントです。

mineoスイッチを活用して通信量を圧縮!

また、mineoスイッチという便利な機能があり、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。データ容量の無駄な使用を抑えたい時にターボ機能を使います。公衆無線LANとmineoスイッチを上手に利用することによって、安価なデータ量プランで済ます事も出来ると思います。何かと高くなるスマホ料金を安く済ませるのに役立つことでしょう。

【今月開催中】キャンペーン

 - 海外SIM・現地SIM